CLメソッド

語学学校で使っているテキストを紹介☆

Cycle Learningっていうテキスト

IMG_5807

同じ表現を繰り返し使う練習を通して、自然と表現やフレーズが身に付いていく(^o^)

受験勉強とかで、いくら単語帳にらめっこしても
単語の意味くらいしか覚えられなかった・・・

だからその単語、熟語をどうつかったらいいのか
応用が効かない


記憶にだけはあるけど、役に立たない

結果、初の海外ではhello、thank youくらいしか言えなかった・・・(おおげさかな?w)

この教材は、日常で使える表現が豊富。
レベル別になっているからいきなり難しい表現を勉強することもないし、

先生たちもセンスある役立つ例文を使ってくれるから、
なんとなく意味だけ知ってる・・・じゃなくて、それが日常で使えるようになるo(*^▽^*)o

繰り返しの練習、それが使える環境にあることが、身に付く近道だと思う◎

実際最初のうちの会話はこのCLを元にしてた気がするな〜
慣れてくれば、他の表現も使えるけど。

たとえば・・・
should have p.p

なんとなーく勉強した記憶だけはある。

けど、実際に会話で使ったことは・・・
例文を作ったことは・・・

けど、実際この表現って日本語ではよく使ってると発覚!

should have p.pだったら
〜すべきだったのに、、って感じかな。

こういうのを先生が例文作ってくれて、その後に自分も作る。

それで2、3回復習すれば、

もう日常生活で扱えるようになる(^o^)本当に!!

このCLのおかげで、シンプルだけど使える表現っていうのが増えました◎

This entry was posted in Uncategorized, ストーリーシェア. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>